白髪の原因は?

白髪になる原因について考えてみましょう。

 

まずいちばんに挙げられるのは、老化です。

 

髪はメラニンという黒系の色素によって、黒く見えています。年齢を重ねると、このメラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)の機能が次第に低下して、黒い色素を作れなくなって来るのです。黒髪はメラノサイトが毛母細胞と密接に存在して保って来たものですが、機能低下すると活性化が弱まって役割が果たせなくなり、白髪となってしまいます。

 

このような現象が始まる時期には個人差が大きいですが、比較的30代後半あたりが多く、以後徐々に増えて行くというわけです。


生活習慣の乱れや食事バランスの崩れも、白髪の原因のひとつです。

 

不規則な生活で日常的に睡眠不足を繰り返している、また髪を清潔に保たないなども、活性化を妨げることになり影響します。ミネラル・ビタミン・アミノ酸が不足した、栄養バランスの悪い食事や無理なダイエットを続けていると、老化によるメラノサイトの機能低下と同じ環境を作ることになり、年齢にかかわらず白髪が増えると言われています。

 

他にも貧血や甲状腺などの疾患による場合、また投薬の影響で、一時的に白髪を誘発することもあるようです。

 

遺伝による白髪については、親から受け継いだDNAが原因という説はありますが、実際には他の原因と重複している場合が否定できず、断言はできないようです。

 

このように白髪には様々な原因が挙げられ、その原因もひとつというより、複数に渡る可能性が大きいものと思われます。

 

>>なぜ年をとると白髪が増える?