ストレスで白髪が増える?

ストレスが原因で白髪が増えるというのは、本当でしょうか。

 

白髪になる原因については、複数考えられていますが、まずいちばんに挙げられるのは老化です。

 

髪はメラニンという黒系の色素によって、黒く見えています。年齢を重ねると、このメラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)の機能が次第に低下して、黒い色素を作れなくなって来るのです。黒髪はメラノサイトが毛母細胞と密接に存在して保って来たものですが、機能低下すると活性化が弱まって役割が果たせなくなり、白髪となってしまいます。

 

心配事があると白髪が増えるというのは、昔からの言い伝えですが、ストレスが白髪に関係あることは医学的に証明されていないようです。
特にストレスを受けやすい30代〜40代に白髪が増えることから、ストレスが原因と考えられがちですが、実際は老化現象の一種である可能性が高いとされています。

 

他には生活習慣の乱れや偏った食事、睡眠不足、食事や無理なダイエット、髪の不衛生なども、影響します。

 

このような状態を繰り返していると、老化によるメラノサイトの機能低下と同じ環境を作ることになり、年齢にかかわらず白髪が増えるというわけです。

 

確かにストレスは、白髪が増える原因とは言えますが、ストレスが体にダメージを与え、それが健康バランスを崩すきっかけとなって白髪に至ると言い替えた方がいいでしょう。

 

>>海藻類を食べると髪が黒くなるって本当?