育毛剤で白髪を改善するって本当?

髪の分け目など気が付かないうちに白髪になっていたりしてショックを受けたことってありませんか?
今までなかったはずなのにいつの間にか白髪が増えたり、自分の後頭部って見えないので人から指摘されてショックを受けたり。

 

体質で若いうちから白髪の多い人もいますが、それまでなかったものが出現すると年を感じてがっくり来る人も多いはずです。

 

毛は毛母細胞という細胞が細胞分裂を行うことで作られます。細胞分裂を繰り返して徐々に上へを伸びて行き、皮膚より上に出た部分が髪となるのです。

 

実はできたばかりの髪はすべて白髪です。
出来たばかりの髪というとやや語弊がありますが、毛母細胞自体は黒い色素を持っていないのです。

 

毛母細胞が毛髪に変わる過程の中で黒い色素が混ざり、黒い髪となっているのです。
その黒い色素はメラニンです。

 

メラニンを作り出しているのは毛母細胞の周りにあるメラノサイトという色素細胞です。メラノサイトが色素を作り出し、毛母細胞が分裂してできた毛皮質や毛髄質になる細胞に取り込まれて行くことで黒髪へと変化します。

 

このメラニン色素を作り出すメラノサイトはずっと色素を作り出していけるわけではありません。
メラノサイト自体の数も年齢とともに減少しますし、メラニンを生成するのに必要なチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きがにぶり、髪の毛は徐々に色素を失ってゆきます。そして最終的に白髪となるのです。

 

 

白髪を治すことはできるの?

残念ながら現代の医学では老化による白髪を治すことはできません。
研究自体は行われており、将来的には治療することが可能になるかもしれませんが、現代では老化による白髪を黒髪に戻すことはできないとされています。

 

しかし、白髪でも例えば一時的なストレスやホルモンバランスなどにより働かなくなっていたメラノサイトがメラニン色素を作り出して治るということはあります。例えば妊娠中や出産後は女性ホルモンのバランスの変化により白髪が増える方がいますし、がん治療における抗がん剤を服用後最初に生えてきた髪は白髪であることが多いと言われています。

 

これらの白髪はホルモンバランスが整ったり治療を終えると徐々に減少します。また、うつ病が重いと白髪が増えたりすることもあり、これも病状が緩和すると元に戻ってゆきます。これらの白髪は老化現象ではなく、治すことができる白髪なのです。

 

 

白髪は育毛剤で治るの?

白髪が老化現象による白髪ではない場合、育毛剤や頭皮環境の改善により治る可能性はあります。

 

よく、インターネットで検索すると白髪は治ると書かれていたりしますが、それは前項で記載したように老化ではない白髪だからです。
皮膚科や発毛外来で聞いてみるとわかりますが、年齢と共に増える白髪を元に戻すことはできないのです。

 

しかし自分の白髪が、老化によるものなのかストレスによるものなのか判断するのは難しく、1本の髪でも白くなったり黒くなったりまだらになっている髪があったりします。
これはメラニン色素を作り出していた時期と作れなかった時期があったということです。

 

ですから、細胞のストレスを減らし、毛母細胞やメラノサイトがしっかりと働ける環境を作ればメラニン色素が作り出され黒髪がよみがえるかもしれません。
この頭皮環境を整えるために育毛剤等を使用してみるのもよいでしょう。

 

しかし、絶対白髪が黒髪に戻るという保証はありません。そこはしっかりと念頭において地道に気長に頭皮ケアをしてゆきましょう。

 

また女性向けの育毛剤もいろんな種類があって、どれを選べばいいのか迷いますよね?

 

育毛剤の選び方とおすすめの女性用育毛剤については以下のサイトを参考になりましたので、チェックしてみてください。
市販の女性用育毛剤おすすめランキング【コスパ比較一覧表つき】