白髪染めQ&Aエントリー一覧

白髪染めとおしゃれ染めの違いは?

ヘアカラーには、白髪染めとおしゃれ染めのふたつの種類があります。その大きな違いは、使用目的と言えるでしょう。それぞれの目的をひとことで言うと、白髪染めは、次々生えて来る白髪を目立つことなく黒くするためで、おしゃれ染めは、黒髪を好みの色に変えるためのものです。そしてこれらのいちばんの違いには、染毛力と...

続きを読む

なぜ白髪染めに昆布が良いの?

昆布を原料とした白髪染めの、メリットを考えてみましょう。従来の白髪染めの原料は、石油などによる化学薬品が一般的でした。こちらは確かに染毛力に富んでいて、単純に1回の毛染めできれいに染まるという点では、一歩リードしていると言えそうです。しかし、染めても染めても次々生えて来る白髪に対して、定期的に毛染め...

続きを読む

白髪染めの臭いの原因は?

白髪を染める時、染料のツンとした刺激臭に悩まされた経験はどなたにもあるでしょう。一般的な白髪染めは、使用直前に1液と2液を混ぜ合わせて染料を作りますが、ここに含まれる成分は、1液に酸化染料やアルカリ剤、2液に過酸化水素水が主となっています。1液の酸化染料は、パラフェニレンジアミンというジアミン系のも...

続きを読む

臭いのきつくない白髪染めは?

毛染めをする時、染料のツンとした刺激臭はない方が有難いものです。室内での毛染めは、周囲に染料がついてしまう心配があります。そのため、閉め切った浴室でしようとすると、臭いで気分が悪くなったという経験は珍しくないことでしょう。一般的な白髪染めは、使用直前に1液と2液を混ぜ合わせて染料を作ります。これらは...

続きを読む

白髪染めは内臓(肝臓)に悪い?

白髪染めが内臓、とりわけ肝臓に悪影響があるのかについて考えてみましょう。ヘアカラータイプの白髪染めの多くには、パラフェニレンジアミン(PPD)という物質が含まれています。これは髪を黒く染めるのに有効なのですが、この物質が、アレルギー反応を引き起こし、肝臓に影響を及ぼす事例があると言われています。とは...

続きを読む

頭皮に刺激の少ない白髪染めは?

頭皮に刺激の少ない白髪染めには、どんなものがあるでしょう。白髪染めにはいろんな種類あって、使用目的に応じて選ぶことができます。染毛力が強い一般的なヘアカラータイプは、1回の使用できれいに染まり切るというメリットがあります。ただしその多くには、無添加の白髪染めにはない化学薬品が原料となっていて、パラフ...

続きを読む

白髪染めは薄毛・抜け毛の原因?

白髪染めは薄毛・抜け毛の原因になるのでしょうか。白髪が目立ち始めると、老けた印象が気になり出すものですが、それを何とかしたいと思ったら、いよいよ白髪染めとの付き合いが始まります。販売されている白髪染めは種類が豊富で、自分で染めやすいタイプも増えています。しかし、髪色を変える作用を考えると、多くの製品...

続きを読む

無添加の白髪染めは?

無添加の白髪染めとは、どういうものを指すのでしょうか。白髪染めとひとことで言っても種類が豊富で、近頃では自分で染めやすく工夫された、いろんなタイプの製品が登場しています。しかし、それらの製品の多くには化学薬品が含まれていて、繰り返し使い続けると、頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。髪色を変えるとい...

続きを読む