臭いのきつくない白髪染めは?

毛染めをする時、染料のツンとした刺激臭はない方が有難いものです。

 

室内での毛染めは、周囲に染料がついてしまう心配があります。そのため、閉め切った浴室でしようとすると、臭いで気分が悪くなったという経験は珍しくないことでしょう。

 

一般的な白髪染めは、使用直前に1液と2液を混ぜ合わせて染料を作ります。これらはともに非常に強い薬品で、1液は酸化染料やアルカリ剤、2液は過酸化水素水が主な成分となっています。

 

浴室で染める場合は、髪に塗ってから染まるまでの間に、体を洗ったり湯船に浸かったりしながら染め上がりを待つわけですが、臭いが穏やかなら、長く感じずに済みます。
近頃ではこの刺激臭もどんどん改良され、それほど気にならない製品が増えています。

 

ビゲン「香りのヘアカラー」のように、製品名に“香り”と入れるなど、刺激臭のなさをアピールするCMも多くなりました。新しくなった「スピーディーカラー」も、無香料をメインに、また1液と2液が同時に出てくるタイプは増えましたが、「シエロ」も、香りは穏やかだと思われます。

 

人工的な香りが苦手な人には、天然素材を原料とした、ヘアトリートメントタイプが注目されています。
「利尻ヘアカラートリートメント」は無香料、「ルプルプ」はアロマ、「レフィーネ」も穏やかないい香りがすると、話題を呼んでいるようです。
これまで白髪染めを選ぶ時の基準としては、染まり具合やダメージが少ないことなどが重視されて来ました。

 

アロマの芳香剤を部屋に置いたり、入浴剤に癒されたりと、香りによるリラックス効果を求める時代、これからは白髪染めも、香りをいちばんに考えて選ぶ人が増えるかも知れません。

 

>>無香料トリートメントタイプの白髪染め