頭皮に刺激の少ない白髪染めは?

頭皮に刺激の少ない白髪染めには、どんなものがあるでしょう。
白髪染めにはいろんな種類あって、使用目的に応じて選ぶことができます。

 

染毛力が強い一般的なヘアカラータイプは、1回の使用できれいに染まり切るというメリットがあります。

 

ただしその多くには、無添加の白髪染めにはない化学薬品が原料となっていて、パラフェニレンジアミン(PPD)という成分が含まれています。

 

これは白髪を黒くするにはとても有効ですが、繰り返し使ううちに髪や地肌に刺激を与える可能性があります。個人差は大きいですが、毛染め時の頭皮のヒリヒリ感、染めた後のかゆみ、髪のパサつきなどを感じる傾向も見られます。また、生え際や顔周りが荒れるなどの、トラブルを起こす例もないとは言えません。

 

近頃話題のカラートリートメントは、昆布などの海藻類や、ベニバナ、クチナシ、藍などの天然色素が染料とされています。

 

中でも、「利尻ヘアカラートリートメント」、「ルプルプ」「レフィーネ」などは、インターネットの売り上げランキングでも、上位を占めていて話題に上っているようです。これらは、主に数回の使用で徐々に染まっていくタイプですが、トリートメント効果が高いところも、自然派ならではの人気の理由だと思われます。

 

頭皮に刺激を与えず、髪や体に優しいという点を考えると、化学薬品を原料とするヘアカラータイプより、シャンプー時にトリートメントの要領で使うタイプの自然派が一歩リードするでしょう。

 

またきっちり染めたい時だけヘアカラータイプ、普段はトリートメントタイプと、状況に応じて使い分けるのも、頭皮をいたわる方法のひとつと言えます。

 

>>白髪染めは薄毛・抜け毛の原因?