白髪染めは薄毛・抜け毛の原因?

白髪染めは薄毛・抜け毛の原因になるのでしょうか。

 

白髪が目立ち始めると、老けた印象が気になり出すものですが、それを何とかしたいと思ったら、いよいよ白髪染めとの付き合いが始まります。

 

販売されている白髪染めは種類が豊富で、自分で染めやすいタイプも増えています。

 

しかし、髪色を変える作用を考えると、多くの製品には化学成分が含まれていて、頭皮や髪に刺激を与える事実は避けられません。繰り返し頭皮に染料が浸透すると、毛穴の詰まりや炎症につながる恐れがあり、そこから生えてくる髪は、次第に弱くて抜けやすいものになってしまうと言われるからです。

 

一般的な白髪染めには、パラフェニレンジアミンという成分が含まれています。

 

この成分が直接、抜け毛の原因ではありませんが、敏感な頭皮にとってはダメージの素となり、薄毛や抜け毛を進行させる結果となってしまうのです。

 

また、染料が度々頭皮につくことで、頭皮がかぶれ、かゆみやしみの症状が出る場合があります。

 

製品の注意書きには、なるべく頭皮を避けて塗るようにと記載がありますが、自分で頭皮を避けて髪だけに塗る作業は、大変難しいテクニックだと思われます。

 

薄毛・抜け毛が気になる場合に白髪を染める時は、染める間隔を空ける、できるだけ無添加のタイプを選ぶ他、何回かに1回は美容室で相談するなどして、頭皮に刺激の少ないものを使って染めるよう、工夫をしながら進行には注意することが必要でしょう。

 

>>無添加の白髪染めは?