無添加の白髪染めは?

無添加の白髪染めとは、どういうものを指すのでしょうか。

 

白髪染めとひとことで言っても種類が豊富で、近頃では自分で染めやすく工夫された、いろんなタイプの製品が登場しています。

 

しかし、それらの製品の多くには化学薬品が含まれていて、繰り返し使い続けると、頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。髪色を変えるという役目を考えると、比較的強い薬品を配合せざるを得ないというわけです。

 

白髪を隠すために白髪染めは使いたいけれども、そのせいで頭皮や髪、また体に影響があっては困りものです。そんな悩みを解消できると、注目されているのが無添加の白髪染めです。
無添加なら頭皮や髪へのダメージが少なく、シャンプー時にするトリートメントの要領での使用が可能です。

 

主な原料も、昆布、大豆、小麦などの植物や海藻で、頭皮や髪への刺激をできる限り抑えられていることが特徴となっています。また染料には、主に植物などが使われ、クチナシ、ウコン、アナトーなどの天然色素をベースとしていて、高いトリートメント効果が期待できるとも言われています。

 

ただ従来の化学薬品を原料とする製品のように、一回の使用できれいに染まるという点では違いはあるでしょう。

 

無添加の白髪染めは、繰り返し続けているうちに自然な変化を出すもので、根気よく使うことで効果を発揮します。

 

その分、地肌に浸透しても、頭皮や髪、体への悪影響を防ぐことや、化学的なツンとした刺激臭がしないこと、それに地肌へのしみがないことなどの理由で、話題を呼んでいるようです。

 

>>無添加の白髪染めはこちら