白髪染めとおしゃれ染めの違いは?

ヘアカラーには、白髪染めとおしゃれ染めのふたつの種類があります。
その大きな違いは、使用目的と言えるでしょう。

 

それぞれの目的をひとことで言うと、白髪染めは、次々生えて来る白髪を目立つことなく黒くするためで、おしゃれ染めは、黒髪を好みの色に変えるためのものです。そしてこれらのいちばんの違いには、染毛力と脱色力が挙げられます。

 

染毛力が強い白髪染めは、白髪を黒髪のように黒くすることができますが、染毛力が弱いおしゃれ染めでは、白髪は染まりません。白髪を染めることが目的の場合は、おしゃれ染めではなく、白髪染めと表示された製品を選びましょう。

 

次に、白髪染めを使う時の注意点に触れてみます。

 

白髪染めはその強い染毛力によって、もちろん白髪は黒く染まりますが、染料を繰り返し重ねて塗っているうちに、白髪でない部分がどんどん黒くなってしまう傾向があります。いったん黒く染まった髪を、美容院に行かないで自分で明るい色に戻すのは難しいようです。

 

自分で染める場合は、少し面倒ですがなるべく白髪の部分だけを狙って塗ったり、前回より一段階明るい色を選び、重ねてついた時の濃さを防ぐ工夫をしてみるといいでしょう。また白髪の部分には白髪染めを、白髪のない部分にはおしゃれ染めと、使い分けるのもひとつの方法です。

 

一方のおしゃれ染めは、脱色力が優れています。

 

おしゃれ染めを使う時の注意点は、希望の色より明るくなり過ぎることのないよう、自分の髪色をよく知った上で見本の色と照らし合わせて、なりたい髪色に近い製品を選ぶことがポイントです。

 

このように白髪染めとおしゃれ染めには、異なる特徴があります。どちらを選ぼうかと迷った時は、目的によって決めることが、失敗なく髪色を楽しむ近道になるでしょう。

 

>>白髪染めの選び方