なぜ白髪染めに昆布が良いの?

昆布を原料とした白髪染めの、メリットを考えてみましょう。

 

従来の白髪染めの原料は、石油などによる化学薬品が一般的でした。

 

こちらは確かに染毛力に富んでいて、単純に1回の毛染めできれいに染まるという点では、一歩リードしていると言えそうです。しかし、染めても染めても次々生えて来る白髪に対して、定期的に毛染めを繰り返すとなると、その分、毎回髪や地肌に強い刺激を与えてしまうという現実は、避けにくくなります。毛染め時に頭皮に感じるヒリヒリ感、ツンと鼻をつく臭い、染めた後のかゆみや髪のパサつき、その上、生え際や顔周りの荒れなどのトラブルを訴える確率は高くなるでしょう。

 

またアレルギー体質の場合には、成分によっては思わぬショック反応を引き起こす危険性があり、注意が必要とも言われています。

 

近頃ではこれらの悩みの軽減に力を注いだ、無添加の昆布を原料とする製品が、多く開発されるようになりました。

 

昆布にはフコイダンという成分が多く含まれており、このフコイダンが保湿力が非常に高く、髪に潤いをあたえることが知られてきました。

 

ヘアカラータイプの白髪染めは髪の水分を奪ってしまうため、染めた後は髪がパサパサ・ゴワゴワになってしまうのに対し、昆布由来のフコイダンを含むトリートメントタイプの白髪染めは、髪を保湿しながら色を入れるため、仕上がりがツルツル・ツヤツヤのキレイな髪になります。

昆布由来のフコイダンを含む白髪染めトリートメント