白髪染めの臭いの原因は?

白髪を染める時、染料のツンとした刺激臭に悩まされた経験はどなたにもあるでしょう。

 

一般的な白髪染めは、使用直前に1液と2液を混ぜ合わせて染料を作りますが、ここに含まれる成分は、1液に酸化染料やアルカリ剤、2液に過酸化水素水が主となっています。

 

1液の酸化染料は、パラフェニレンジアミンというジアミン系のもので、2液の過酸化水素水とともに非常に強い薬品です。そのためいずれもからだへの刺激が強く、使用を続けると髪や地肌を傷めてしまう原因につながることは否定できません。特にジアミン系の白髪染めは、地肌の沁みによる痛み、かぶれや湿疹などのトラブルを引き起こす可能性が高く、アレルギー体質の人は注意が必要と言われています。

 

白髪染めの刺激臭は、短時間に髪の芯まで一気に色を浸透させる必要性から、毛染め後のシャンプーを念入りにしてもなかなか消えず、翌日にも残りがちです。薬品で髪色を変えるのですから、ある程度の臭いは避けがたいところですが、近頃ではメーカーの改良が進み、できるだけ刺激臭を抑え、香りに工夫を凝らしたタイプや、1液と2液を混ぜる手間を省いたタイプも増えて来ました。

 

また海藻などの天然素材を原料としたものが見直され、シャンプー時に使用を続けることで徐々に白髪を目立たなくし、髪や地肌のダメージを防ぐヘアトリートメントタイプも注目されています。

 

こちらは従来の白髪染めとは異なり、1回の使用で完全に染まるという点では差がありますが、刺激臭から解放されたい時や、ダメージの保護を重視する時には、試してみるのもひとつの方法でしょう。

 

白髪染めも、同じ種類のものだけに絞らず、髪や地肌の状態や仕上がりによって、その時々に使い分ける時代が来たのかも知れません。

 

>>臭いのきつくない白髪染めは?