白髪をムラなく染めるコツは?

白髪をムラなく染めるには、どんなことに気をつけるといいでしょう。

 

白髪染めには、いろんなタイプがあります。一般的なところでは、クリーム・泡のタイプが挙げられますが、水溶きをして作る粉末タイプも古くからあります。また近頃では、シャンプー時にトリートメントとしながら、少しずつ色付けしていくものも注目されています。

 

それぞれのタイプに特徴があり、例えば液だれを防ぎたいなら、クリーム・粉タイプがいいでしょう。

 

これなら染めたい箇所が一部の時、そこを狙って塗ることができ、特に液だれが気になる生え際だけを染める場合などに適しています。

 

泡・トリートメントタイプは、シャンプーの要領で髪全体に行きわたりますから、後ろなどの見えない箇所も染めやすくなります。

 

毛染めの仕上がりには温度が関係していて、高い方が適しているようです。
染料を髪全体になじませるために、バスキャップをかぶると、温度が上がりムラを防げます。こうすれば、染め上がりを待つ間に、液だれで顔が汚れる心配がなく一石二鳥です。また、バスキャップをかぶった上から、ドライヤーをかけるのもいいでしょう。
寒い冬は、部屋を暖める他、放置時間を少しだけ長く取るというのも方法です。

 

1剤と2剤を混ぜて作るタイプは、すばやくよく混ぜることもムラを防ぐコツですが、ただどのタイプも、一人で染めるのは少々難しいのは事実です。

 

髪を細かくブロック分けすると、塗り残しはかなり防げます。泡タイプなら、後ろの塗り残しも防ぎやすいですが、もし手伝ってくれる人がいれば、お願いするという手もあります。

 

>>白髪染めの選び方は?