白髪染めを使う頻度は?

伸びた白髪は気になるものですが、染めたと思ってもすぐまた生えてきます。

 

新たな白髪を人に気づかれないようにしようとすると、しょっちゅう染めていないといけなくなってしまいます。しかし実際問題、費用や手間、それに何より体への影響を防ぐ意味でも、そんなに頻繁に染めるわけにはいきません。

 

では、どのくらいの頻度で染めるのが理想的と言えるでしょう。

 

髪が伸びる速度には当然個人差がありますが、きれいに染めた白髪も平均して1〜2週間もすると、新たに根元の白髪が目立ってきます。

 

特に生え際や分け目は、後ろに比べて鏡を見る度に目につきやすく、余計に早く伸びたと感じるのでしょう。

 

自宅で染める場合の頻度は、1ヵ月に1回程度という人が一般的で、美容室ならその倍の2ヵ月に1回程度が多いようです。 もちろん、もっと間隔を空ける人もあるでしょうが、カットする周期を念頭に入れながら、自宅と美容室をうまく併用している人は珍しくはないと思われます。

 

白髪は白く光り始めるとつい染めたくなるところですが、地肌や髪を守ることを考えると、最低でも2週間〜1ヶ月、できればもっと空ける方がよいようです。

 

近頃では、シャンプー時にトリートメントとして、少しずつ色付けしていくタイプもあり、これなら手間や健康面においても負担は軽いと、注目が集まり始めています。

 

また、生えてきた白髪を隠すアイテムとしては、白くなった部分にヘアマニキュアを塗る他、顔につけるファンデーションのように、コンパクトに入った練り状の白髪隠しも登場し、手軽で便利になっています。

 

白髪を染める頻度は、それぞれの伸び方や考え方によって異なるため、自分のペースと方法で、切り抜けるのがいちばんでしょう。

 

>>自分に合った白髪染めの選び方は?