トリートメントタイプの白髪染めは何回で染まる?

トリートメントタイプの白髪染めは、だいたい何回くらいの使用で染まるのでしょう。

 

自然志向のトリートメントタイプの白髪染めは、一般的なヘアカラーほどの強い染毛力が期待できないことは知られています。

 

染まり方も、髪の質、色などによる個人差が激しいために、差ができるのは言うまでもありません。その上、放置時間、室温や湿度などの微妙な条件次第で、結果にはかなりバラつきがあります。

 

トリートメントタイプは、繰り返し使っても髪や地肌、体に優しいと言われています。

 

中でも「利尻ヘアカラートリートメント」、「ルプルプ」「レフィーネ」などは、インターネットの売り上げランキングでも、よく話題に上るようです。

 

染まる回数については、1回で染まる例も少なくないでしょうが、平均すると1回より、2〜3回続けて染めたあたりから効果が表れ、その後は週1回程度のペースで続けているという例が多く見られます。

 

カラートリートメントは、昆布などの海藻類や、ベニバナ、クチナシ、藍などの天然色素が染料とされています。
何回も染める手間を思うと、従来のヘアカラーが1回できっちり染まり切るという点は、大きな魅力に違いありません。

 

しかし、ツンとした刺激臭がないことや、髪や地肌、体への影響を重視したい場合には、数回かかっても自然なものを選びたいという声が増えているのでしょう。

 

また、毛染めをしながらトリートメント効果がある点も、自然派ならではの人気のひとつだと思われます。

 

>>30代におすすめ!トリートメントタイプの白髪染め