ヘアカラータイプの白髪染めの特徴は?


ヘアカラータイプには、主にクリーム・泡などのシャンプータイプがあり、クリームタイプは、染めたい部分だけに塗りつける場合に便利で、泡などのシャンプータイプは、全体に行き渡るようにする場合に適しています。

 

ヘアカラータイプの白髪染めは、シャンプー時にトリートメントの要領で使うタイプのものに比べると、染毛力が強く1回の使用できれいに染まり切るというメリットがあります。

 

しかし、無添加以外の白髪染めの多くには、パラフェニレンジアミン(PPD)という強い物質が含まれています。
これは白髪を黒くするには有効ですが、繰り返し使うと、髪や地肌に刺激を与えてしまいます。そのため、毛染め時に頭皮に感じるヒリヒリ感、刺激臭、染めた後のかゆみや髪のパサつき、その他にも、生え際や顔周りが荒れたりする恐れはあるでしょう。

 

またごくまれには、アナフィラキシーというアレルギーのショック状態に陥る場合もあり、体への影響は気がかりなところです。
そういう意味でも使用前のパッチテストは、危険性を知る大切なテストになるため、面倒でも必ず行うよう心がけましょう。

 

他に注意することと言えば、染料を重ねて塗っているうちに、白髪でない部分が黒くなってしまう傾向がある点です。
いったん黒く染まった髪を、自分で明るい色に戻すのは難しいので、そんな場合は少し面倒ですが、なるべく白髪の部分だけを狙って塗ったり、前回より一段階明るい色を選べば濃さを調整することができます。

 

へアカラータイプの白髪染めは、従来は1剤と2剤を混ぜて作るタイプが主流でした。近頃では初めから混ぜてあり、染料を作る必要のないもの、残った染料やボトルを次回も使えるもの、刺激臭を抑えたものなどが登場し、より手軽に染めることができるようになりました。

 

ヘアカラータイプは薬剤が強く染毛力がありますので、黒髪よりも白髪の方がはるかに多い年配の方はまずはヘアカラータイプでしっかりと染める方がよいでしょう。

 

一方で、頭皮が敏感な方やお肌が弱い方、育毛剤を併用する方はヘアマニキュアタイプトリートメントタイプを使用する方がよいでしょう。

ヘアカラータイプの白髪染め一覧

Hoyu(ホーユー)

ビゲン ヘアカラーDX クリーミーフォーム
ビゲン 香りのヘアカラー
ビゲン スピーディカラー
ビゲン クリームトーン
メンズビゲン ワンプッシュ
シエロ ムースカラー
シエロ ヘアカラーEXクリーム
シエロ ヘアカラーEXミルキー
シエロ クリアカラークリーム

 

DARIYA(ダリヤ)

サロン ド プロ ワンプッシュクリームヘアカラー(白髪用)
サロン ド プロ ワンプッシュ 泡のヘアカラー(白髪用)
サロン ド プロ 無香料ヘアカラー 早染めクリーム(白髪用)
サロン ド プロ 無香料ヘアカラー 早染め乳液(白髪用)
サロン ド プロ ワンプッシュ 泡のヘアカラー メンズスピーディ(白髪用)
サロン ド プロ 無香料ヘアカラー メンズスピーディ(白髪用)

 

花王

ブローネ 泡カラー
エッセンスプラスカラー
シャイニングヘアカラー
艶カラー
クリームヘアカラー
液状ヘアカラー

>>ヘアマニキュアタイプの白髪染めはこちら

>>トリートメントタイプの白髪染めはこちら