ヘアマニキュアタイプの白髪染めの特徴は?


ヘアカラータイプが髪のメラニン色素を分解・脱色して色を入れていくのに対して、ヘアマニキュアタイプは、髪の表面のタンパク質に染料をしみ込ませてコーティングすることで色を入れます。

 

ヘアカラータイプは医薬部外品、ヘアマニキュアは化粧品に分類されます。

 

ヘアマニキュアは、元々、セロファンのように黒髪に赤や黄などの色をコーティングして、色味を楽しむことがメインの目的でした。

 

そこから白髪が染まる染料を配合し、本来のコーティング効果に、白髪染めの効果も併せ持った製品が生まれたのでしょう。まずこの点がヘアカラータイプや、トリートメントタイプとは違う特徴だと思われます。

 

ヘアマニキュアタイプの白髪染めが優れているところは艶ややかさで、髪をコーティングすることから、傷める度合いは低くなります。
しかし、その分、色が入りやすいとは言えず、またシャンプーの度に少しずつ抜けて行き、タオルなどにつく傾向は拭えません。

 

そうなるとヘアマニキュアタイプだけでの対応は、少々面倒になってしまうため、普段はヘアカラータイプを使い、次の毛染めまでの間だけ、このタイプで補う方法があります。

 

生え際などに伸びて来た白髪を隠すのには、手軽なスティック状のものがあり、とても便利なアイテムになるでしょう。

 

また最近では、自然な原料を取り入れたもの、ヘアマニキュアタイプの白髪染めの欠点だった、色落ちを防いだものも登場し、注目が始まっているようです。

 

ヘアマニキュアタイプは頭皮への刺激が少ないので、お肌が弱い方には最適です。ただ、1ヶ月程度で色落ちしてしまうので、長持ちさせたい方はヘアカラータイプを使用するとよいでしょう。また、白髪が全体的にあるわけではなく、所々にある場合はトリートメントタイプが手軽に使用できておすすめです。

ヘアマニキュアタイプの白髪染め

Hoyu(ホーユー)

シエロ ヘアマニキュア

 

DARIYA(ダリヤ)

サロン ド プロ ヘアマニキュア スピーディ(白髪用)
サロン ド プロ メンズヘアマニキュア スピーディ(白髪用)

 

花王

ブローネ ヘアマニキュア

>>ヘアカラータイプの白髪染めはこちら

>>トリートメントタイプの白髪染めはこちら